にこたろう読書室の日乗

死なないうちは生きている。手のひらは太陽に!

0600 起床 気分並 ☂️あがる!明日はあの日です。

血圧値 127/85/81  酸素飽和量 98%  体温 36.2℃ 体重 66.7キロ

おお、雨がやんでる!
外気温24℃くらい。涼しい。

台風4号から変わった低気圧が関東沖を進んでいます。昨日5日は台風4号から変わった低気圧に伴う活発な雨雲が関東にも広くかかる予想でしたが、きょう6日午前6時現在、活発な雨雲は海上が中心となっています。
関東は朝は広い範囲で大雨とはならず、沿岸部など一部に雨雲がかかっています。

どんよりした灰色の雲。ちょっと青空が見えるかな。

まあ、ちょっと予報は外した、というところかな。
それはそれで、善いことです。

そういえば、明日は七月七日。(新暦だけど。本当は月遅れくらいの感じです。)

「たなばた」ですね。
この日はやはり、雨が多いなあ。

この行事の成立に関する歴史的背景は、こんな感じ。

中国で誕生した織姫と彦星の七夕伝説と、織姫にあやかって機織りや裁縫の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が日本に伝わったのは奈良時代
これに日本古来の「棚機女(たなばたつめ)」という伝説などが結びついて、平安時代宮中行事になりました。
七夕が年中行事として庶民に浸透したのは江戸時代のことです。

今日はこのテーマについて考えようと思いますが、これからレッスンなので、渋谷に出かけます。
雨は大丈夫かな?

0330 起床 気分快 曇/晴 ワイン飲んだら早く寝てしまって快調。さて、これから僕は、どこまで行けるのでしょう。

血圧値 100/62/69 酸素飽和量 98% 体温 36.3℃ 体重 67.8キロ

早朝血圧なのに、かなり低い。前は軽く135越えだったのです。

 

昨日の夕方の話。指先の傷は、だいぶん良くなってきた。
再生力。まだ健在か。

脳出血対応で血小板抑制をしていない(バイアスピリンを飲んでいない)せいもあるかな。これしてたら、なかなか血が止まらないのです。

 

雨も上がって、けっこう気持ちの良い夏の宵になりました。
我がコナミの全景。GO STOPはいけいけの「青」。
さて、これから僕は、どこまで行けるのでしょう。

 

とりあえず、リ・カーリカランド(Ri.carica ランド)へ行きますよ。

もうおなじみ。コナミとは交差点ではす向かいの位置関係。

 

ワインも料理も、イタリアンでオーガニック。身体にとても良いでしょう。
お姉さんも、良い。

毎回、ちょっとづつ内容が違う、「今日のお野菜盛り合わせ」。

このワインは白なんだけど、琥珀色です。

キッシュのようなもの。

オムレツ、綺麗に焼けるなあ。

オリーブオイルとバルサミコ酢掛け。

 

さて。

かれこれ10時の空です。

雲の表情がいいですね。

台風なんて、どこにあるのっていう感じですが。

 

台風4号は午前6時には長崎県佐世保市付近にあって1時間に20キロの速さで北北東に進んでいます。中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルとなっています。

台風は午前6時過ぎに佐世保市付近に上陸し、大分県内もほぼ全域が強風域に入っているとみられます。現在、佐伯市に大雨警報、県中部の沿岸に波浪警報が発表されています。

 

奴は、着実に近づいてきます。

ゴジラの進路みたい。

 

これは昨日、リ・カーリカランドでお土産に買ったかきもち。

絶品。

【稲ほ舎とは】 カエルやトンボと一緒に育った稲穂から、一杯のしあわせとひとつぶの大切さを届ける農家の作ったお米のお店です。

稲ほ舎 | 石川県白山市で無農薬・減農薬のお米をつくる農家 (inahosha.com)

 

台風は温低に変わったけど、風雨はまだまだ強烈ですね。

高知県では線状降水帯も発生。

 

コナミの前に、期日前投票に行きます。

防災センターというところへ。ここはコロナワクチンやったところです。

あのワクチンは2回目も打ったのに、僕はコロナ感染しました。

あてにならん。

 

要は、感染する人はするし、しない人は、打とうが打つまいがしない、ということですね。

 

どうやら降水帯の雲の流れは、太平洋南岸を大回りして、千葉の東側から再度左旋回して東京付近に到達する感じですね。あすの昼ごろかな。

明日13時頃の雨雲の予想図

明日はチェロのレッスンがあるけど、弓は持てそうです。絆創膏貼りました。左でなくて良かった。

 

0540 起床 気分並 雨 指先、切った😢 右手中指の先端を切って流血!生きてるから、血も出るんだけど。

血圧値 114/79/67  酸素飽和量 99%. 体温 35.8℃ 体重 66.9キロ

雨なのに外気温は28℃もあります。むしろ熱中症に注意かな。

体温が少し低いです。

 

注意と言えば、昨夜寝る前に、グラスに固まったロックアイスを無理無理入れたら割れました。



その時、右手中指の先端を切って流血!(イラストは人差し指だけど)

割れたグラスはこれ。

 

こいつのエッジでスパッと。

手近なキッチンペーパーで止血して、指を頭の上にあげて、ひらひら振る。

最初、指の根元を輪ゴムで締めてみたけど、どうやらこれはやらないほうが良いらしいので、心臓より高く上げて傷口をそっと押さえる方法に変更。

 

ほとんど痛みが無いので、綺麗に切れた、ということかも。

こういう時は、焦らないことが肝心ですね。2次災害が怖いから。

 

なんとなく左半身に無意識的な不自由感があるので、ついつい「片手」で何かしようとするのね。これは注意しなければ。慢心してはいけない。

生暖かい鮮やかな血が、ぽたぽた出るのは、なんか微妙な感覚ですね。

ひさびさに流血見たけど、これが脳幹で起きたんだなあ。

 

妙に納得。

生きてるから、血も出るんだ。

 

これは、中心部・脳幹(橋)からの出血が一番死亡率・重症度が高いということね。

ぼくのはまさにそれ「脳幹(右の橋)」からの4㏄の出血。

量がそんなでもなかったから助かったのかな。

 

【脳幹出血のおさらい】

脳幹は脳の一部ですので、「脳幹出血」というのは「脳出血」という、脳の中の血管が破れて出血が起こる病気の一種ということになります。 
症状としては、頭痛やめまい、吐き気、手足の麻痺、意識障害などが出現。

その脳出血の中でも、最も重症な症状が出現するのが「脳幹出血」。
脳幹部というのは、呼吸をつかさどるところでもあるため、一気に大量出血が起こると呼吸が止まって発作後数分で死に至ってしまうこともあります。
脳幹出血は、突然の頭痛で発症し、脳幹の部位によっては複視、眼震、めまい、身体の麻痺、しびれ、言語障害を伴い、さらに大量の出血では強い意識障害、急激な昏睡に陥り、半身全身麻痺、呼吸障害などをきたします。

気管切開手術をして人工呼吸器で呼吸の確保などを行います。部位的に脳外科的手術が出来ないため強い後遺症を残すことが多く、そのまま死に至ることもあるのです。

 

今はおかげさまで退院し、見た目は普通な感じで、元気そうな生活をしています。

ただ、後遺症としては、両手足(とくに左側)が痺れる、顔の三叉神経が痺れる、平衡感覚が変で、海底を歩いてるみたいなふわふわ感がある、などなどの感覚異常が顕著です。

年単位で、症状の軽快が見込めるかどうか、というところ。

 

夕方、コナミに行くのにキッチンペーパー装備のままではいかがなものか、ということで傷絆創膏に取り替えて、今度はキッチンゴム手袋の中指部分を切断して指カヴァーに。

なんか、スケキヨさん仕様になった。

親指の付け根もちょっと小破してるけど、ほぼ修復されてます。

 

あと、ドナルドのスマホカヴァーが大破して買い換えたんだけど、これはどうやって写真撮るのか。

ははあ、ミラーでセルフか。

こんな感じ。

 

 

0530 起床 気分快 曇少し雨ときどき晴 どこまでも白く輝いていた、あの夏の雲。 果てしなく続くと思えた、日常のゆっくりとした時間。 泣けますよねえ。今、思い返すと。

血圧値 116/78/80  酸素飽和量 98  体温 36.4℃ 体重 67.8キロ

エアコン入れない室内環境は今日も28℃・62%なので、これが弊社の通常環境みたいですね。
外気温も28℃くらいです。

台風ですが。台風4号は、2日深夜に沖縄本島を通過した。

沖縄を通過した台風4号は、およそ20km/hの速さで西北西へ進んでいる。
月曜には進路を東寄りに変え、九州に近づく予想となっている。

3日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄、奄美地方で35メートル、3日夕方までに予想される24時間雨量は、多い所で沖縄地方で200mm、九州南部で120mmなどとなっている。今後は北西に進路をとって沖縄地方から遠ざかり、3日の午前9時には沖永良部島の西約180キロを中心とする半径65キロの円内に達する見込み。沖縄気象台によると、沖縄本島強風域から外れるのは4日明け方の見通し。

台風4号 九州南部接近のおそれ「ひと月分の雨」予想 気象予報士解説

午前3時現在の推定位置は、与論町の西北西およそ100キロの海上にあります、中心付近の気圧が996ヘクトパスカル。最大風速が20m、最大瞬間風速は30m。北西に20キロの速さで進んでいます。これがあす4日午前3時ごろには、沖永良部の南西およそ200キロ、約90キロの海上を中心とする予報円の位置に達する見込みです。
そして、あさって5日午前3時になりますと、枕崎の西北西およそ180キロを中心とする予報円の中に入る予想です。そして、6日水曜日の午前3時の段階では、鹿児島市の東北東およそ380キロの四国の南を中心とする、予報円の中心に入っている予想です。
日本を横断していく最悪のコースを通っていく可能性があります。

うーみゅ、9日から宮古島に行く予定(終活上の重要な任務)があるのですが、向こうは台風一過で無事だとしても、羽田は大丈夫かなあ。

微妙なところですね。まあ、台風は予測不能な動きをしますけど。
まだギリギリ、運があるという感じですけどね!

今日はこれから、国立新美術館に、小学校時代の恩師の絵を観に行きます。

雨はまだ、大丈夫ね。
問題はauの通信障害ですね。

公衆電話の使い方が分からなくてスマホで調べようとするけど通信障害でつながらない無限ループの若者の皆さん、多発中!

「缶詰の中に缶切りが在る状態」、ていうのとは違うのか。


今日お会いする先生は、僕たちが小学校の4~6年生の時、担任をしていただきました男の先生です。先生も学校出たてでしたので、ちょうど僕たちとは一周り年が離れていることになります。
お元気で何より。

なので先生の絵が出展される毎年の展覧会には、同級生が集まるので、プチクラス会みたいになります。

給食の中身の話とか、残すと怒られて5時間目まで放置されたこととか(これは別の先生の話ね)、鼓笛隊の人選の話とか、林間学校の話とか。



みんな、昔の話はよく覚えているのです。
一昨日の自分の食事内容とかは忘れちゃうけど。

今の子供たちは、歳をとったら、自分の子供時代なんか思い返したりしなくなっちゃうのかな。

でも、ジブリとか新海誠とかのノスタルジーは、共通の思い出のような気がして、懐かしくもの悲しいですよね!

どこまでも白く輝いていた、あの夏の雲。
果てしなく続くと思えた、日常のゆっくりとした時間。

泣けますよねえ。今、思い返すと。

0540 起床 気分快 晴 台風が来るらしい❗ 波乱万丈の夏の始まり。地元の良い感じのバーと、渋谷でプチプラ大王だ。

血圧値 116/76/65 酸素飽和量 98%   体温 36.5℃  体重67.3キロ

 

今の外気温は26℃くらいですが、なんか涼しい感じがするのは錯覚かな?

昨夜は、19時頃から出かけて、学芸大学駅付近の夜散歩。

まだ明るいし、生暖かいアスファルトがゆっくり冷めていく感じ。

なかなか、風情がありますね。

 

花金だからちょっとお酒でも飲もうかな。たまになら良いかも。
アクセス数、戻ってきたし。

Cafe & Bar Blue Reef

Welcome to Bar Blue Reef

ちょうど10周年になるらしいけど、一度も入ったことないお店です。隣の「かつよし」にはよく来るけど。

勘違いしてたんですよ。名前とファサードの雰囲気で、アメリカンなリゾート系パブだと思ってた。

ジントニック

りんごのフレッシュカクテル

退院後初めての腸詰

ラガヴーリンではない、スモーキーなにか

かなりオーセンティクではないですか。

良いバーだと思います。

 

ちなみに、一風変わった、紫マスタード

「紫マスタードはワインを作る際に樽の上の方に浮かぶブドウの実の残り(日本でいうと酒粕?みたいな感じ)を使って作るマスタード

 

美味しいけど、スーパーとかではみかけないなあ。

これかな。

『Moutarde Violette de Brive』(ムータード・ビオレット・ドゥ・ブリーヴ)

カルディにも無かったな。

 

今日も夕方から、渋谷散歩。

ここも、風景が戻って来てる。

 

センター街のお買い物は、こんな感じ。

NB996のグレー。
574と迷うけど、こっちのほうが底が柔らかいかな。

フォルムもいかつくないし。

 

グルカサンダル。靴下前提で、26㎝。

GUです。リーズナブル。和洋折衷系で、下駄フォームがNGっぽい場面でどうかしら。

 

バケットハット(バンダナ柄・ブラック)。これはリバーシブルで、黒一色にも使えます。夜はひっくり返すかな。畳んでバッグに入るし。GU。

 

その他、こまごまとしたUNIQLO系グッズは、省略。

 

今日はプチプラ大王だ。

 

 

0540 起床 気分快 晴 やたら嫌う人は、実は好きだったりします。カラヤンがなんであったかを考えること。

血圧値 117/78/73  酸素飽和量 99% 体温 36.2℃ 体重 67.5キロ

読書室は、室温 29℃・湿度 63%。

 

朝起きたら窓を全開、というのをできないんだけど、まずいのかな。

エアコンをつけてしまうので! なぜなら。

きょう1日も酷暑。最高気温は東海や関東で40℃に達する可能性があり、体温を超えるような危険な暑さが続きそう。熱中症警戒アラートが23都県に発表。できる限りの対策を。

とのこと!


さて。昨日触れたカラヤンという指揮者について。

クラシック音楽が好きな人(昔も現在も)にとって、好き嫌いは別にして、このカラヤンという音楽家の存在と業績、対社会をも含めた影響力は無視することができません。やたら嫌う人は、実は好きだったりしますので、これがまた面倒くさい。

それがまた現在、ちょっと過去の人、極端な印象の人、名前だけ聞いたことある人、になりつつはありますね。50年後には忘れられる、という可能性も。

カラヤンは、何をした人か?
思いつくままに箇条書きにしてみよう。

 

クラシック音楽」を、戦後世界の「大衆娯楽」にしたこと。

クラシック音楽」がお金になることを示したこと。抜群のプロデュース能力を発揮し、そして一人勝ちしたこと。

広大なレパートリーを誇り、何でも録音して、「クラシック音楽」の全貌を一人で展示してみせたこと。

抜群の知名度と人気があったが、アンチも多かったこと。それがマイナスにならなかったこと。

必死で努力している姿は絶対に見せないで、それを最後まで貫き通したこと。ええかっこしいの美学を示したこと。

つねに美音で美しい旋律ラインを描き出してみせる演奏で、「上手いけど精神性がない」などと悪口を言われたこと。そしてそれをまったく意に介さなかったこと。

なんでも流れるように(レガーティッシモで!)演奏するので、イージー・リスニングみたいだとか、ムード音楽みたいだとか言われたこと。そしてそれをまったく意に介さなかったこと。

録音技術の進化と可能性に異常なまでの関心を持ち、SP→LP→CD→DVDというメディアの変遷を自分の武器としたこと。晩年は映像記録の制作に没頭したこと。時間が足りないと嘆いたこと。

「疑いもなく20世紀を代表する偉大な指揮者の一人」と言われていたが、どうやら一昔前の「常識」となってしまったらしく、忘れられつつあるらしいこと。

 

カラヤンがなんであったかを考えることは、「クラシック音楽」が、今の僕たちにとってなんであるかを考えることになりそうです。これは社会学上の問題でもあるのです。

宿敵(ていうのかな)フルトヴェングラーが、なんか不滅な感じなのとは、裏腹ですね。

歴史に残る、残らないの境目は、何なんだろう。

資料は、こんな感じ。ちょっと古いものならば、膨大にありますね。
最近はほとんど言及されない、ということかな。残念。

そうそう、『カラヤン 全軌跡を追う』音楽之友社というムックは、絶版ですがカラヤン研究には必携の資料です。レコーディングされている587タイトルのディスコグラフィと、演奏会の全記録。興味のある人は古書で探そう。

 

というわけで、僕はこのカラヤン問題に興味があるのです。
それにはまず、その仕事の全貌を閲覧しなくちゃ。

 

総曲目数540曲。再録音、序曲なども含めると1189曲も録音しているのですが、今のご時世、かなりお手軽に手に入れることは可能。もう、LP1枚2000円の昔とは雲泥の差。

大人買いですらないデフレ状態ですね。まあ、ありがたいし、夢のような時代なのですが、これが若い人にはピンとこないというのが現状ですね。悪いというわけじゃないけど。

これはドイツグラモフォンで録音・正規販売されたCDの年代別BOX。
60年代(82枚),70年代(88枚),80年代(78枚)というふうに年代別に正規販売されたCD の全仕事が収録されてます。ベルリンフィルを手中に収めてからの、彼の王道時代ですね。この箱のどれを気に入るかで、聴く人の趣味が分かります。

これは比較的初期の仕事。EMIに録音されたフィルハーモニア管弦楽団との膨大なレパートリー。
黒いBOXは戦前のSP以来の記録です。

とりあえず、全部合わせてCD500枚くらいになるのかな。重複もありますが。

 

これらに加えて、正規リリースされていない放送録音やライヴ録音、海賊盤、後期の映像資料などなど。

すべてに耳を通すことは大事業!ですね。

これ1枚づつに感想とか論評を加えるだけでも、ゆうに2年分くらいのブログコンテンツになるでしょう。(読む人がいるかどうかは別にして!)

大丈夫ですよ、ここには書かないから。

これをあと10年くらいかけて終活としたいと思っていたんですが、今回の脳出血で突然死にそうになって慌てたわけです。「この子を残して!」という気分。

 

さて、僕はどこまで間に合うかな。時間はどれだけ残されているのか。
カラータイマーは大丈夫か?(今度のシン・ウルトラマンにはタイマーがない!。)

 

さらに広げてブルーノ・ワルターとか、ウィレム・メンゲルベルグの世界もあるし。
時間が無限大に欲しいなあ。



 

 

0550 起床 気分快 晴 風景が、もとに戻りつつあるかな。東京都心「6月1位の記録的暑さ」!

血圧値 116/73/78 酸素飽和量 98%  体温36.3℃ 体重 67.3キロ

昨日の夕方、南青山界隈を通ったら、大学生の子たちがけっこう普通に街を歩いてて、いい感じでした。
風景が、もとに戻りつつあるかな。

コロナとウクライナは、未だに未解決・未収束ですが。

第2次世界大戦後、国際連合などが設立され、各国の自発的な協力のもとで、国際法などの規範がある程度機能してきましたが、それは、強制力のあるルールによるものではありません。
他者に対する信頼や、先進国のリーダーシップがあってこそ、維持されてきたものです。

そうした協調関係が、コロナ禍で変わってしまった。
規範を前提とした協調よりも、各国の独りよがりな行動が前面に出てくるようになりました。

これは必ずしも、プーチン一人だけの問題ではないでしょう。

「よくわからない病気」への恐怖は、人間を惑わせるのかもしれませんね。
僕なんかも、ちょっともののとらえ方が変わってきたりしたし。

アクセス、また戻ってきました。
昨日、読んでくださったかたがた、ありがとうございます。

今日で月末だから、5月・6月と、61日連続でブログを書きました。
僕にしては、まあまあ続いているほうかな。

100回記念、くらいはとりあえず目指しましょう。

さて。そのブログのテーマですが。

どうやら、「音楽」それも「クラシック系」という話題が良くないのかなあ。

考えてみれば、今どき「クラシック音楽」(なんか変な呼び方だ)を聴いてるよ、なんていう人は、かなりな少数派マニア(変態的とも言います)ですからねえ。
普通の人は、興味関心はないのかな。
昭和的、中2病的話題なのかもしれない。

とは言いつつ、今日はこの話題にまた触れます。まあ、怒らないでください。
僕のこれまでの人生において、かなり重要な部分を占めていて、これにどういう決着をつけるかは精神的な終活の避けて通れないテーマなのです。大袈裟に言えば。

僕がクラシック系の音楽を聴き始めたのは中学生のころですが、まだCDなんか無くて、LP、つまりアナログレコードの時代でした。最近はアナログも復活しているけど。

こんな感じ。埃除去スプレーの匂い!

当時のレートでLP1枚で2000円~だったから、かなり高額な買い物で、中学生にとってはおいそれと買えないものでした。それでも毎月のお小遣いとかをやりくりして、いろいろ聴いていました。ブラスバンド部とか入ったり。
当時は大人から子供まで、けっこう西洋古典~近代音楽(いわゆるクラシック音楽)を楽しんで聴いている人がかなりの人数、存在していたのだと思います。そんなに変わった趣味ではなかった。

それが今は。

「近年、クラシックファンを増やそうと各地で、さまざまな試みが行われています。」
クラシック音楽業界は儲かっていません。ネット上で音楽が聴けるようになってからCDの売り上げは減少していますし、コンサートも完売することはほとんどないようです。特に、室内楽が不人気。歌やソリストといった「スター」のいない地味な音楽であるにも関わらず、出演者数が多くチケットの値段が割高になってしまうからです。」

こんなことを「業界」が嘆かざるを得ない状況こそ、このジャンルが戦後復興期日本の、ちょっと背伸びした西洋風かっこいい趣味から崩落し、非常にマニアックでニッチな「愛好家(オタクとも)」の、高尚かつ偏狭な教養アイテムとなりつつ存命しているという現状を如実に表しているのでしょう。

そこに、コロナ禍というダメ押しの痛烈なパンチです。

僕も個人的に、このテーマについて何らかの評価とか納得というものを見出して整理することで、クラシック音楽を中学生のころから長いこと聴いてきた、自分の中2病的趣味の時間の終活としたいと思います。終活とは、納得です。

例えばこのカラヤンという人物です。例にあげるアイコンとしては一番わかりやすい。

ヘルベルト・フォン・カラヤン

もう文章の尺が長いので、今回はとりあえずテーマの掲示だけにしておきます。

ところで。

注文しておいた履物(日和下駄風のやつ)がさっき届きました。
和洋折衷で使えそうです。

げたのみずとりホームページ - geta.co.jp

粋な男の下駄・茶人
しずおか産ひのきをシンプルでシャープに削り出した、《男のげた》。
茶人や風流人が好んで履いた雪駄をイメージしたデザインは粋。
鼻緒の中にはクッション材が入っているため、足あたりも柔らかで、個性的なデザインはデニムパンツやハーフパンツに合わせてもクールです。

だ、そうです!

カンカン帽・バックパック Chululu(チュルル)・みずとりの下駄で、この夏の3種の神器ブラックコーデとなりました。