にこたろう読書室の日乗

死なないうちは生きている。手のひらは太陽に!

0530 起床 気分快 曇 「今だけ」の世界。 ここにこそ、今の自分が立っている。なんか、さっぱりした気もちがしますよね。

血圧値 118/82/66 酸素飽和度 98% 体温 36.1℃ 体重 66.9キロ

 

ここ数日、「近未来」「超未来」なんていうイメージを追いかけてみましたが。

今日はもうちょっと広げてみましょう。

 

僕たちは、ときどき、「あのとき、ああすれば良かった」とか、「あんなことするんじゃなかった」と、過去を後悔したり、自分を責めたり、しますよね。

 

その過去がなければ、今の自分は、もっといい感じだったのに。

 

後悔とは、過去を変えようとすることです。

でも、過ぎ去った時間を生き直すことはできません。

あるのは、いま、ここにいる自分だけです。

 

だから、過去に対しては後悔しても仕方がない。過去は変えられない。

できないことを望むのは、煩悩です。忘れるのが一番良い。

 

過去は、べつに無くても困らないのです。ていうか、すでに無いのと同じです。

 

じゃあ、未来に対しては?

 

末法思想も、ディストピア思想もそうですが、漠然とした不安を未来に対していだく気持ち。これも分かりますよねえ。

老後はどうなるのかとか、お金の心配とか、この病気がどこまでもつのかとか。認知症になったらどんな感じなのかとか。

 

ただこう思うようになる背景には、過去に対する後悔とか残念感のようなものが影響しているような気がします。

 

つまり、過去を反省し、未来を変えようとする。

結果、僕らは過去に囚われることによって、未来を悲観します。

 

だから、思い切って過去を見切ることができれば、同時に未来の不安も消え去ります。

どちらも、現在の自分が観ている幻影だからです。

 

「無いもの」を恐れても意味がない。

「不安」とは、対象が見えない恐怖です。

でも、その対象は存在さえしない。

 

そして、いま、ここだけの現在が残る。

要するに「今だけ」の世界。

ここにこそ、今の自分が立っている。

過去も未来も、関係がない。

 

 

なんか、さっぱりした気もちが、しますよね。

 

ゴータマ・シッダールタ菩提樹の木の下で感じた風も、陽のひかりも、そんな「今だけ」の景色だったのかも、しれません。

 

「Carpe diem、カルペ・ディエム」(その日の花を摘め)

「Festina lente、フェスティナ・レンテ」(悠々として急げ)

 

この二つの言葉も、遠くから響きます。

 

0600 起床 気分快 曇 陰鬱な空、ネットも重いです。不思議なペンダントネックレスのトップ ヘッドを入手。これも日時計として機能するようです。 - にこたろう読書室の日乗 (hatenablog.com)

 

0540 起床 気分快 晴 昨日のクイズの解答ですが。「フェスティナ・レンテ」を示すであろう不思議な図案の一つなのです。 - にこたろう読書室の日乗 (hatenablog.com)

0600 起床 気分快 晴 超未来「ミロクの世」について考えよう。

血圧値 126/77/69 酸素飽和度 99% 体温 36.1 体重 66.7キロ

 

この前「近・未来」を取りあげましたので、今回は「超・未来」、「ミロクの世」について考えてみましょう。

 

ミロクとは「弥勒」。

 

教科書に載ってる仏像で有名な「弥勒菩薩」は、梵語マイトレーヤ釈迦牟尼仏の次の仏様として、遠い未来に仏陀如来)になる予定の人です。

今は兜率天で修行・瞑想中。なので、菩薩とされてます。

基礎となる仏典はこの4つ。

 

『観弥勒菩薩上生兜率天経』
弥勒下生経』
弥勒大成仏経』
仏説無量寿経

 

「上生」というのは、兜率天に転生してそこで教えを受ける、という意味で、「下生」というのは降臨した弥勒如来から教えを受ける、という意味ですね。

このイメージは、多分に東アジア文化圏的な解釈だと思いますが。

これは現代の解釈かな。脚の組み方が交脚なのは中国風のスタイル。

 

 

弥勒菩薩といえば、この人。

中学校の修学旅行で観ましたね!

広隆寺弥勒菩薩像。

こっちは中宮寺弥勒菩薩像。(お寺では如意輪観音と判定しているかもですが。如意輪観音も思惟像で造形される場合があるので、ややこしい。中宮寺説はこれです。仏様の外見の造形を定義する経典があって儀軌といいます。仏像のデザインやフォルムはかなり厳格に定められていて、不自由でもあるのです。)

 

良く試験に出ますが、頭の上の帽子と髷の違いで判定します。

 

お寺では、次のように説明していますね。

 

学者間では、この像の顔の優しさを評して、数少い「古典的微笑(アルカイックスマイル)」の典型として高く評価され、エジプトのスフィンクスレオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれております。

 

三大微笑なのか!(スフィンクスって笑ってるのかな?)

 

これは、ちょっと違うか!

 

弥勒菩薩といえば、考える人スタイル(半跏思惟像と呼びます。これも試験必出。漢字で書けるかな?)が特徴的ですね。

自分が如来となって降臨した時に、どうやって世界を救うか、考え中。

左手は降魔印といって、悪魔の誘惑を鎮めている姿勢。

 

この背景には、「末法思想」という、右下がりの終末論風のイメージが存在します。

 

お釈迦様(ゴータマ・シッダールタ)の居る世界はユートピアだったけど、彼は80歳で亡くなってしまう。

その後、仏・法・僧という3セットアイテムが、順番に消滅していって、ついにこの世は末法という暗黒の世界、ディストピアに突入する。

 


末法対策としていろいろなアイデアが考案されますが、その一つが、ミロクの世の到来を待望する、というものです。

 

次の時代の如来(仏)である弥勒如来が降臨するのですが、今はまだ兜率天という上空遥か彼方にあるネクストバッターズサークルみたいなところで、菩薩として修業中なのです。

 

仏教の世界観では、「浄土」という概念は、何となく水平方向(東・西・南・北)に設置されているという傾向があるので、この兜率天が垂直方向にあるというのは、ちょっと異質な雰囲気がします。何か西方系の文化要素を反映・継承しているのであろうか?

 

しかも、瞬時に釈迦とタッチ交代するわけではない。

 

経典によれば、なんと56億7千万年後!

 

釈迦如来が入滅したあとの、末法の世という、かなり厳しく不利な状況の世界に降臨することになっているので、その世界をどう救いに導くかという難しい方略についていろいろ思案しています。時間もかかるのでしょう。

 

一つ気になるのは、56億7千万年後に、この世界はあるのか?という問題。

こんな観測があるのです。

 

この前触れた学習雑誌『科学』『学習』に掲載された内容を転載。

なるほど、わかりやすい表現ですね。

 

地球は金属と岩でできていますから、これが簡単に爆発することなど絶対にありません。たとえこのまま環境破壊が続いたり、また核戦争などによって、人間の方がほろびたとしても、地球はまったく関係なく、同じようにこの宇宙に存在し、同じように太陽のまわりを回っていることでしょう。
ところが、地球が宇宙からなくなる日は必ずやってくるようです。
いまから50億年後には太陽が死んでしまうといわれています。太陽は死ぬと小さな青白い星になるのですが、その前に、今よりかなり大きくなります。そのとき巨大化した太陽は、地球を飲のみこんで、あとかたもなくとかしてしまうでしょう。その時点で地球はこの宇宙から消えてなくなると考えられているのです。
このことから、地球の命はあと50億年であると考えられています。

これはちょっとまずい。

弥勒の降臨する世界がすでにないかも。ギリギリかな。推測誤差もあるだろうし。

経典が50億年という近似した数値を偶然示しているのも、なかなか興味深いですけどね。

 

このテーマは、また取りあげます。

 

0500 起床 気分快 曇 今朝は、空がグレースケールです。

血圧値 117/76/78 酸素飽和度 98% 体温 36.4℃ 体重 66.9キロ

 

今朝は、空がグレースケールです。

なかなかいい色だなあ。

 

 

完全な黒と完全な白のあいだの、すべての諧調。

死の深淵と生の歓喜のあいだの、いのちの移ろい。

 

 

男と女

グレースケール・トウキョウ

 

無彩色の世界。

言葉以上に、饒舌、です。

 

藤井聡太竜王(20)に広瀬章人八段(35)が挑む第35期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)の第6局が2日、鹿児島県指宿市の指宿白水館で始まり、午後6時、広瀬八段が70手目を封じて1日目を終えた。

 

 

将棋も人生も、難解で、面白い。

 

 

結果の報告。

 

3日午前から藤井竜王が広瀬八段の玉に迫って終盤に突入し、持ち前の終盤力を発揮して一気に勝負を決めた。

藤井竜王はこれまで出場した11回のタイトル戦の全てを制した。このうちストレート勝ちは5回。2敗以上を喫したのは豊島将之叡王(32)=当時=から3勝2敗で奪取した2021年の第6期叡王戦五番勝負以来となった。

年内のタイトル戦はこれで終了。藤井竜王は来年1月に開幕する第72期ALSOK杯王将戦七番勝負(毎日新聞社スポーツニッポン新聞社主催、ALSOK特別協賛)で、タイトル通算100期の大記録が懸かる羽生善治九段(52)を挑戦者に迎え、防衛戦に挑む。

 

0530 起床 気分快 曇 60年代が夢見た未来。想像ができるようなことは、だいたい実現できるということ。

血圧値 119/82/76 酸素飽和度 98% 体温 36.2℃ 体重 66.1キロ

 

体感気温が8℃くらいです。

ずいぶん寒くなったなあ。

北のほうは雪ですね。

 

サッカー、スペインにも逆転勝ちで、1位で突破!

 

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は1日(日本時間2日午前4時)、1次リーグE組の最終戦があり、日本(世界ランキング24位)はスペイン(同7位)に2―1で逆転勝ちし、2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。E組を首位で突破した日本は5日の決勝トーナメント1回戦で、F組2位で前回大会準優勝のクロアチアと対戦する。

 

監督は「過去は変えられないが未来は変えられる」、と選手を激励したそうです。

 

さて、「今日」は、「過去」の「未来」です。

 

【60年代の日本の子供たちに提示された明るい?未来予想図】は、どんな感じだったのか?

 

当時の資料からいくつか拾ってみますね。

 

 




 

なかなか、いい線行ってるとも言えますね。

現代科学の水準は、「想像」ができるようなことは、だいたい「実現」できる、ということでもあるでしょう。

 

これなんか、ほぼ現実。

 

昭和の日本で描かれた未来予想図

達成なんだけど、体罰はいけません!

 

イルカが、くるのか! なんか嫌だな。

(イルカにも失礼だし。)

 

もはや、これも現実的危機。ドローンぽいし。

 

さすがにちょっと楽観的な表情か。

 

 

未来が内包する、光と闇の両極をちゃんと見据えているところが、なかなか秀逸な仕事です。(ちょっとブラックなので今だとコードに引っ掛かりそうだね。そのあたりが「昭和」です。)

 

想像力とは夢を見る力、です。

だから、「良い夢を見る力」、がいま必要とされているのです。

 

悪夢はプーチン戦争でもう終わりにしてもらいたいなあ。

0330 起床 気分快 曇 一種の「ディストピア」としての「近未来」。弥勒の世が約束されているとは誰も思っていない、ということですね。

血圧値 122/83/85 酸素飽和度 98% 体温 36.4℃ 体重 67.7キロ

 

昨日の話題に振った「未来予想図」に関連して、「近未来」の話をしましょう。

 

そもそも「近未来」って、いったい何年くらい先を想定するのかな。

 

一般的な定義は、こんな感じ。

 

近未来は、比較的近い未来の時代(100年以内) を指す語。小説、映画、アニメーション、漫画、ゲームなど、フィクションの分野で空想世界として語られる事が多い。又、ノンフィクションの色彩が濃厚な分野では、近い未来の現実世界を予測する内容として語られる傾向を持っている。

 

①冷戦時代(1945年~1989年)における近未来観の顕著な傾向としては、『マッドマックス』『風の谷のナウシカ』『北斗の拳』『ターミネーター』等に見られるように、「文明社会の崩壊」「世界の終末」として語られる事が多かった。

 

 

②冷戦後(1990年~現在)の傾向としては、インターネットを初めとする通信技術の発達や、グローバリゼーションなかんずくアメリカ的制度の世界的普及などの影響から、ネットワーク社会の発展に基づくものも現れている。

このタイプの世界観では、冷戦時代に見られた「文明社会の崩壊」「世界の終末」とは異なり、「高度に情報化され、個々人が情報によって統制されている社会」「大富豪が大手を揮う、弱肉強食で暴力的な世界」「”みんな一緒”の圧力が強い社会」など、一種の「ディストピア」としての世界観も示されている。

なお、未来の世界をディストピアとして厭わしく思う傾向は、先行する時期には『ブレードランナー』等でも見られ、より古いタイプの社会像「ユートピア」とともに近未来観の典型であるとも言える。

 

 

こうした点からも解るように、近未来観には、造り出している時代の「好悪」や「方向性」が現れている。

 

要するに、楽観的な未来、弥勒の世が約束されているとは、誰も思っていない、ということですね。

たんなる良い夢を見ているわけではない?

 

【時代背景が近未来の作品】

 

未来世紀ブラジル - 1985年の映画。
マッドマックス - 1979年の映画。
北斗の拳 - 1983年の漫画。
新世紀エヴァンゲリオン - 2015年が舞台。1995年のアニメ。
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? - 1968年の小説。1982年の映画『ブレードランナー』の原作。
ZERO - 1996年の漫画。
AKIRA - 2019年が舞台。1982年の漫画。
シャングリ・ラ - 2004年の小説。
1984年 - 1949年の小説。
NO.6 - 2003年の小説。
サッカーブロール - 1992年発売のSNKのコンピューターサッカーゲーム
機動警察パトレイバー - 1988年の漫画、アニメ、小説などのメディアミックス作品
攻殻機動隊 - 士郎正宗による漫画作品。
東のエデン - 2009年に放送されたテレビアニメ。神山健治が原作・監督作品。
虐殺器官 - 伊藤計劃のデビュー作品である日本の長編SF小説
ダンボール戦機 レベルファイブからPlayStation Portable用ソフトとして発売されたプラモクラフトRPG
PSYCHO-PASS サイコパス - Production I.G制作による日本のアニメ。2012年10月から2013年3月まで1期放送。
her/世界でひとつの彼女 - スパイク・ジョーンズ監督・脚本による2013年のアメリカの映画。
インターステラー - クリストファー・ノーラン監督・脚本による2014年のアメリカとイギリスの映画。
エクス・マキナ - アレックス・ガーランドの監督・脚本による2015年のイギリスの映画。
エストワールド 
ブラック・ミラー 
エージェント・オブ・シールド 

 

この辺のものをチェックすれば良いのかな。

まだ、全部確認したわけじゃないけどね!

0540 起床 気分快 曇 60年代、あの頃、僕たちは、みんなどこかの「3丁目」の子供でした。

血圧値 125/83/65 酸素飽和度 98% 体温 36.4℃ 体重 67.1キロ

 

今朝は、空がドラマチックな感じですよ。

嵐が丘』みたい。

譬えが古いかな!

 

激動、と言えば。

 

敗戦からようやく這い上がって、近未来の明るく建設的な未来を夢見たころの日本。
そのころ僕たちの世代は生れたのです。

 

ある意味、いい時代だったなあ。

少なくとも、夢を見られたし。学校もなんだかんだ楽しかったし。

そろそろ微妙に、進学とか将来どうするの問題が、滲みだしつつあったけど。

それでもまだ、おおらかな日常。

 

舗装もされてない路地裏、ブロック塀の上の猫、有刺鉄線で囲われた空き地の遊び場。

お寺の裏の広場で、缶蹴りとかしたなあ。

 

 

あの頃、僕たちは、みんなどこかの「3丁目」の子供でした。

(ちなみに僕は目黒本町2丁目生まれね!)

 

まあ、今から思えば、激動の過渡期でしたね。

 

 

「科学」と「学習」なんていう子供向けの啓蒙的雑誌があったなあ。

あれは、小学校がなぜか斡旋して販売したんだったかな。

幼稚園は「キンダーブック」だった。

 

あんな半強制的な物販は、今の学校ではできないよねえ、多分。

 

でも、今の僕たちお年寄りの、精神構造の基本みたいなものが、なにげにこういうものから積み重ねられたんじゃないかな。日本的戦後啓蒙主義のレジェンドかな。

 

懐かしいな。

どこかに全貌を閲覧できるアーカイヴとか、ないかな。

 

あと、肝油ドロップっていうのも売られてた。

この缶のフタの絵がクイズになってて、乗り物とか動物とかモノの名前を覚えました。

 

たしかギョウチュウ検査ってのもありましたね。

あのぐるぐる渦巻き模様の採卵テープみたいなのをお尻に貼るやつ!

 

(これは保育園・幼稚園・小学校などにおいても平成31年度で完全に廃止されることになりました!)

 

今は腸内に寄生虫飼ってる子どもなんか居ないよねえ。

トイレの水洗化が進んだし。

 

昭和が終わった、ということでしょう。

 

ところで、そういう子供向け科学啓蒙雑誌には、よく、未来予想図みたいな絵が載ってました。

 

なかなか興味深いので、今度考えてみよう。

0400 起床 気分快 曇 トイレで本を読むことって僕にとっては日常だけど、これって話題になることなのか?

血圧値 117/83/77 酸素飽和度 98% 体温 36.5℃ 体重 67キロ

 

おはようございます。
早く起きてたのですが、途中まで書いて、また寝ちゃいました!

 

それはそうと。

 

11月10日は何の日かご存知ですか?

エレベーターの日であり、井戸の日でもあるのだが、日本トイレ協会が制定した「トイレの日」でもあるのです。

 

トイレで本を読むことって、僕にとっては日常だけど、これって、話題になることなのか?



ちょっと驚いたので、取りあげておきます。

 

ブログの言葉から。

 

「トイレ本!たまにトイレで読書をするあの落ち着く時間(に読む本)は"トイレ本"って呼ぶんだ!」

トイレで読書する派?しない派?「トイレ本」のメリット・デメリット - 無印好きなOLの暮らし改善と初めての貯金 (hateblo.jp)

 

時々ふと、あれは誰だったかな、と考える。
その人物は自宅のトイレでカントの『純粋理性批判』を、何年も費やしてとうとう最後まで読んでしまった、という(『実践理性批判』だったかもしれないが)。驚きである。あのカントの代表的著作を、まさかトイレで読み通した人がいるとは!?
第3553日目 〈トイレ読書のお伴は?〉:Let's be Friends,:SSブログ (ss-blog.jp)

 

湘南ステーションビルの「ラスカ平塚」のトイレを見学した。噂にたがわぬ素晴らしいトイレであることを確認することができた。「トイレは経営の問題」という哲学の一端を垣間見る思いがした。

「トイレは経営の問題」哲学の一端を垣間見た「ラスカ平塚」 トイレ考Ⅲ-4 (rbayakyu.jp)

 

うちの近くでは、目黒雅叙園の豪華トイレが有名です。中に川が流れてるやつ。

総工費1億円。

 

昔から、トイレのことを哲学の小部屋とかいうけど、こういう構造のトイレでも本とか読めるのかな。超謎。

そもそも、和式トイレって数十年、使ったことないし。

 

思えば、昔乗ったシベリア鉄道の『赤い矢号』だったかの客車のトイレが、凄い和式テイストだったなあ。関係ないけど。

 

にこたろう読書室・分室のルームツアー。

今読んでる本を、トイレにも普通に持って行く、というパターンが毎日続いてますよ。

みんなそうだと、思ってた。

違うのか?